齋藤飛鳥ハーフでゴミ扱いの真実!ミャンマー人の性格の違いが原因?

2020年5月26日エンタメ

齋藤飛鳥 ハーフ ごみ 本名 国籍 ミャンマー 母親 父親 兄 イジメ 不登校 性格

齋藤飛鳥 ハーフと検索して「ごみ」というキーワードが出てきます。

 

どうして「ごみ」なのか気になって調べたところ…驚きの事実が判明しました!

 

齋藤飛鳥さんは、日本人とミャンマー人とのハーフという素性の持ち主。

 

そのため、イジメに遭って不登校になったこともあったんです。

 

どうしてハーフで「ごみ」なのか?

 

その事情について調べたところ…それはお国柄の違いが原因だったのです。

 

齋藤飛鳥ハーフでゴミ扱いの真実!ミャンマー人の性格の違いが原因?

齋藤飛鳥 ハーフ ごみ 本名 国籍 ミャンマー 母親 父親 兄 イジメ 不登校 性格
link

ゴミ扱いの真相がヤバい!疫病神・ゴミ乃木坂と言われた理由は?

 

齋藤飛鳥さんがセンターになってから「乃木坂の品格が下落した!」

 

一時は疫病神とも、ゴミ乃木坂とも言われたこともあったそうです。

 

今でこそ毒舌キャラで通っているものの、飾らない性格のため(このあたりが忖度文化の日本人と違う点)、誤解されることも多々あったのではないでしょうか?

 

俳優の高橋健介さんとのLINEのやり取りが流出したことも、マイナスに作用してしまいました。

 

LINE 流出 齋藤飛鳥 ハーフ ごみ 本名 国籍 ミャンマー 母親 父親 兄 イジメ 不登校 性格
link

 

人気アイドルとしての自覚が不足している、と受け止めてしまったファンも大勢いたのでしょう。

 

結果として大バッシングされることに!!

 

純粋にして素直な性格…この辺は、日本人とは感覚が違うのかもしれませんね。

 

これは単純にハーフという見た目の違いよりも、もっと深い根っこの部分が原因だったのです。

 

齋藤飛鳥 ハーフ ごみ 本名 国籍 ミャンマー 母親 父親 兄 イジメ 不登校 性格
link

 

後程ご説明しますが、齋藤飛鳥さんは小学生時代にイジメに遭ったことから登校拒否を起こしてしまい、甘えん坊な性格になってしまったそうです。

 

それでも日本人とミャンマー人とのハーフだからといって、人種の違いでゴミ扱いされるのは、あまりにも理不尽だと思いませんか?

 

毒舌キャラ化はイジメの反動!忖度文化の日本人社会に馴染めなかった?

 

齋藤飛鳥さんにとっては、なんでバッシングされているのか分からない

 

LINE 齋藤飛鳥 ハーフ ごみ 本名 国籍 ミャンマー 母親 父親 兄 イジメ 不登校 性格
link

 

この不満が高ぶったのか、その後、毒舌キャラへと変貌を遂げることになります。

 

ファンに対しても超強気な発言が可愛い顔から飛び出すことに。

 

「お前ほんと2度とくるなよ!」

 

「もうお前とは握手してやらないからな」

 

「はあ?なんだよそれ」

 

「どうせお前らクリスマス過ごす相手いねえだろ!!」

 

などなど…小顔で美しい齋藤飛鳥さんの口から、こんな過激発言を食らったファンはさぞかし面食らったのではないでしょうか?

 

毒舌 齋藤飛鳥 ハーフ ごみ 本名 国籍 ミャンマー 母親 父親 兄 イジメ 不登校 性格
link

 

逆に、そのギャップにハートを射止められてしまった方もいるかもしれませんね。

 

齋藤飛鳥さんが毒舌キャラ化したのには、実は深い理由がありました。

 

次は、齋藤飛鳥さんの性格について目を向けてみましょう!

 

齋藤飛鳥はハーフだけど本名は?

記事の冒頭でご紹介した通り、齋藤飛鳥さんは日本人とミャンマー人のハーフです。

 

本名もミャンマー人っぽい名前なのでしょうか?

 

調べてみたところ、「齋藤飛鳥」が本名でした。

 

3人兄弟の末っ子(上に兄が二人)で、お兄さんお二人の名前に「鳥」の名前が付けられています。

 

齋藤飛鳥 兄
link

 

齋藤家のルールに従って、末っ子で一人娘にも「鳥」の1字が付けられた様子。

 

鳥の名前が付いたお兄さんの本名も気になりますね。

 

「花鳥風月(あきふみ)」だとか、「千鳥(ちどり)」だとか、いろいろありますが、どんな名前なのでしょう?

 

齋藤飛鳥の性格は素直?それとも甘えん坊?実は子役時代にいじめに遭遇!

齋藤飛鳥 ハーフ ごみ 本名 国籍 ミャンマー 母親 父親 兄 イジメ 不登校 性格
link

齋藤飛鳥の甘えた発言にビックリ!過保護な子供?それとも素直?

 

齋藤飛鳥さんの驚きの発言をご覧ください。

 

一人で洋服を選べない

 

缶詰があけられない

 

食事も母親に手伝わせている(ドライヤーで髪を乾かしている最中)

 

…ちょっと異常なまでに過保護な生活をしていることを、カミングアウト!

 

齋藤飛鳥 ハーフ ごみ 本名 国籍 ミャンマー 母親 父親 兄 イジメ 不登校 性格
link

 

こんな私生活を暴露した際に、甘ったれと罵られたり、ぶりっ子などと批判を受けることになりました。

 

日本人の感覚からすれば、話にならない甘えん坊で、さぞかし甘やかされて育ったボンボンといったイメージが浮かんで来ますよね。

 

ところが、日本と大きく感覚が異なるのがミャンマーというお国柄なんです。

 

子役時代にイジメに遭遇!ミャンマー人と日本人の感覚の違いが原因?

 

ミャンマーでは、子供は大切に育てるもの。

 

日本人の感覚からすれば過保護に映るほど、齋藤飛鳥さんは甘やかされて育ったと受け止められてしまうんですね。

 

それを臆せず発言したことも、謙遜を美徳とする日本人たちには受け止めがたいものがあったのでしょう。

 

齋藤飛鳥 ハーフ ごみ 本名 国籍 ミャンマー 母親 父親 兄 イジメ 不登校 性格
link

 

乃木坂46の1期生中、最年少ということもあって生意気だと解釈されたことも度々あったとか。

 

心優しいお母さんからすれば、大切な一人娘が心配でたまらないハズ。

 

そのイジメ体験もあって、より母親から優しくされるようになったのではないでしょうか?

 

小学生時代に壮絶ないじめを体験していた齋藤飛鳥さんですが、ゴミ扱いされたのでは、あまりにも可哀そうです。

 

どうして、イジメに遭ってしまったのか?

 

その原因に目を向けてみました。

 

齋藤飛鳥はハーフだけどミャンマー人の性格は?実は日本人とは正反対だった!

齋藤飛鳥 ハーフ ごみ 本名 国籍 ミャンマー 母親 父親 兄 イジメ 不登校 性格
link

ミャンマー人の感覚=日本人はいつも怒っている!

 

ミャンマー人の性格ってご存知でしょうか?

 

基本的に穏やかで、おっとりしているんです。

 

それもすべてにおいて。

 

気ぜわしいせかせかしたところが無いためか、日本人から見れば「何を余裕かましてるんだ?」と受け止められてしまうことも!

 

反対に、ミャンマー人からすれば「日本人はいつも怒っている」と感じるとか。

 

ミャンマー 日本 パスポート
link

 

齋藤飛鳥さんに違和感を感じる方は、まずこのお国柄の違いを理解しておく必要がありますね。

 

日本人とミャンマー人との生活習慣や性格の違い、齋藤飛鳥さんも長年、このギャップに苦しめられてきたのかもしれません。

 

日本人とは正反対な性格がイジメの引き金に?

 

ミャンマーでは、いつも笑顔でニコニコしてることが美徳とされています。

 

これが、同調圧力を掛けられがちな日本人コミュニティの中では、浮いてしまいがちだったのではないでしょうか?

 

見た目がハープっぽい

ミャンマー人の母親から受け継いだ、おっとりした陽気な性格

日本人社会で違和感

イジメに発展!

 

恐らくこのような事情から、日本人コミュニティの中で孤立化を招いてしまったのでしょうね。

 

齋藤飛鳥 ハーフ ごみ 本名 国籍 ミャンマー 母親 父親 兄 イジメ 不登校 性格
link

 

齋藤飛鳥さんは小学六年生のころには、不登校になり引きこもり状態が続くように。

 

それでも家族の助けや勧めもあって、2011年8月21日の乃木坂46の1期生オーディションに参加。

 

見事合格し、今では乃木坂46に欠かせない存在となったんです。

 

まとめ

齋藤飛鳥 ハーフ ごみ 本名 国籍 ミャンマー 母親 父親 兄 イジメ 不登校 性格
link

 

以上、齋藤飛鳥さんのハーフでゴミ扱いの真相をご紹介しました。

 

乃木坂の品格が落ちたとヒドイ扱われ方をして、あろうことかゴミ扱い!

 

この視野の狭さと偏見っぷり…さすがに日本人として恥ずかしくなってしまいました。

 

子役時代にイジメに遭遇したのも、日本人とミャンマー人の性格の違いが原因。

 

思ったことを素直に口にすることは、日本人社会ではタブー扱いとされていますよね?

 

これが、純粋で素直な性格のミャンマー人にとっては、理不尽に感じる一面もあるんです。

 

父親が日本人で、母親がミャンマー人のハーフである齋藤飛鳥さんにとって、日本人コミュニティでの生活は板挟みになってしまったのではないでしょうか?

 

子役時代にはイジメが引き金となって一時は不登校状態に。

 

齋藤飛鳥 ハーフ ごみ 本名 国籍 ミャンマー 母親 父親 兄 イジメ 不登校 性格
link

 

そのためか、子供は大切に育てるものというミャンマー流子育てに、輪をかけて過保護なものになってしまったようです。

 

それでもご家族たちの愛情や支えもあって、乃木坂入りを果たしたことは特筆すべきことでしょう。

 

本来は陽気で明るい性格の齋藤飛鳥さんですが、毒舌キャラになってしまったのは、忖度を押し付ける陰鬱な日本人社会構造に問題があるのかもしれません。

 

齋藤飛鳥さんの今後を応援して行くことで、せめてもの罪滅ぼしになればよいのですが…。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。