渡哲也と渡瀬恒彦の共演回数は?ドラマ・CMも驚くほど少ない理由!

エンタメ

渡哲也と渡瀬恒彦

2020年8月10日に、肺炎で亡くなられた渡哲也さん。

 

ご存命当時は、実弟の渡瀬恒彦さんと共演されたこともありました。

 

兄弟で俳優ですし、共演するとなれば話題性もバツグン!

 

これまでに、いったいどれほど共演されてきたのかと調べてみたら…。

 

実は驚くほど少なかったんです!

 

この記事では、その数少ない共演作品をご紹介しますね。

 

あまくちからくち(1971~1972)

渡哲也と渡瀬恒彦 あまくちからくち
link

 

二人が初めて共演したのが、NHKドラマ「あまくちからくち」でした。

 

実際の兄弟どおり、配役も兄弟という設定。

 

伝統ある京都伏見の造り酒屋を背景に、守るべき資産を持たされた兄の役を渡哲也さんが。

 

サラリーマンとして出発する弟の役を、渡瀬恒彦さんが演じられました。

 

兄弟二人の対照的な人生をユーモラスに描写。

 

渡哲也と渡瀬恒彦 あまくちからくち
link

 

放送は1971年4月5日から1972年2月27日まで、全47回に渡りました。

 

この作品への出演がキッカケに、渡哲也さんは清酒酒造メーカー「大関」のテレビCMに大抜擢!

 

その人気っぷりは異常なほどで、後に、同業他社の宝酒造の「松竹梅」「松竹梅(天)」のCMにも起用されるほど。

 

「日本酒と言えば渡哲也」のイメージが定着することになったのです。


 

宝酒造CM「松竹梅」(1995年)

渡哲也と渡瀬恒彦 松竹梅
link

 

渡哲也さんは、宝酒造のテレビCMの顔役として、2020年に亡くなられるまで出演。

 

そして渡瀬恒彦さんも、このCMで兄と共演することになりました。

 

そのCMをまとめた映像を発見しましたので、ご覧ください。

 

 

男らしさ全開の渡哲也さんが、最初に飲んでいるのは、なんと…ぜひお確かめください!!

 

お二人とも日本酒を飲む姿が、非常によくお似合いだと思います。

 

昭和の時代の古いテレビCMは、内容がシンプルなものが多く、名言もたくさん誕生していました。

 

一目見ただけで、すっと頭に入るため、子供でも一発で覚えてしまう。

 

男が憧れる理想の男らしさを、体現されていることがお判りいただけたでしょうか?


 

宝酒造「松竹梅」CMで兄弟共演がついに実現(1995年)!

渡哲也と渡瀬恒彦 松竹梅
link

 

恒彦:兄貴…男とは?

 

哲也:呑むことよ。

 

シブい!あまりにもシブ過ぎる!!

 

これぞ漢というほか無いほどに、男らしさが伝わって来るCMです。

 

たとえ下戸(お酒が飲めない人)でも、このCMを見たら、お酒を買いに走ってしまうかも!?

 

 

このCM放送当時、渡哲也さんは54歳で、渡瀬恒彦さんは51歳。

 

男に渋みが出てくる年齢だったことと、兄弟の絆が伝わって来る会話もあって、たまらない魅力に満ち溢れています。

 

兄弟そろって大学時代は、空手部所属という男らしさ。

 

もしかしたら…いいえ、もしかしなくても芸能界一かっこいい兄弟だったのでは?

 

今頃は天国で、兄弟仲良く思い出を肴に、お酒を呑み交わしているのかもしれませんね。


 

帰郷(2011)で40年ぶりの兄弟共演!理由は〇〇〇しかったから?

渡哲也と渡瀬恒彦 帰郷
link

 

40年ぶりの兄弟共演作となったのが、TBS系の年末ドラマスペシャル「帰郷」でした。

 

2人の共演は、1971年から1972年にかけてNHKで放送された「あまくちからくち」以来。

 

どうして40年間も共演してこなかったのか?

 

不思議に思う方もいることでしょう。

 

渡哲也と渡瀬恒彦 
link

 

その理由は、兄の渡哲也さんが兄弟で同じ作品に出ることを「恥ずかしがっていたから」

 

シャイで照れ屋な哲也さんらしいですね!

 

2011年ともなりますと、兄の渡哲也さんは70歳

 

弟の渡瀬恒彦さんは67歳

 

この機会を逃すと、次の機会があるかどうかも分かりません。

 

また、お互いに日本を代表するほどの名俳優となったことで、40年ぶりの共演が実現したのです。

 

渡哲也と渡瀬恒彦
link

 

渡が「弟は僕を追って業界に入ったけれど、正直いまいちパッとせず心配していた。今では味のある良い俳優になりました」と偉ぶれば、すかさず渡瀬が「アニキ“程度”の芝居しかできないのなら、僕はこの世界から消えていましたよ」と言い返す仲の良さ。引用:映画.com×文化通信.com

 

都内で行われた会見では、こんな風に仲睦まじく兄弟ゲンカをする姿も見られました。

 

これが最後で、「共演は見納め」と渡哲也さんは宣言。

 

やっぱり恥ずかしかったのかもしれませんね!

 

 

十津川警部シリーズ50作目「消えたタンカー」(2013年9月9日)

渡哲也と渡瀬恒彦 消えたタンカー 十津川警部
link

 

40年ぶりの共演作となった「帰郷」。

 

それからわずか2年後に、再び二人が共演することになるとは、誰も予測できなかった様子。

 

それが西村京太郎サスペンスドラマの十津川警部シリーズ

 

渡哲也と渡瀬恒彦 消えたタンカー 十津川警部
link

 

その50作目の記念作品として制作されたのが、「消えたタンカー」でした。

 

「帰郷」の会見で「共演は見納め」と宣言しちゃってた哲也さん。

 

男に二言は無いを体現してきたからか、出演を渋っていたんです。

 

兄弟の共演は実現不可能になるかと、製作が危ぶまれる事態に…!?

 

渡瀬恒彦の口説きがスゴかった?熱烈なアプローチで説得成功!

渡哲也と渡瀬恒彦 消えたタンカー 十津川警部
link

 

それを覆したのが、渡瀬恒彦さんの熱烈なアプローチでした。

 

なかなか首を縦に振らない兄に対し、1か月以上も自宅に足を運び続けて説得。

 

頑固一徹な哲也さんをどうにかして、口説き落とすことに成功されました。

 

渡哲也と渡瀬恒彦 消えたタンカー 十津川警部
link

 

やはり血縁者の言葉はてきめんだったようです。

 

お互いの配役も、弟が警部で兄が犯人役ということもあって、まさしく兄弟対決が実現!

 

シリーズが50作も続くのは異例中の異例ですが、その節目にふさわしい出来栄えとなったのです。

 

まとめ

渡哲也と渡瀬恒彦 松竹梅
link

 

2017年3月14日。

 

渡瀬恒彦さんが、胆のうがんによる多臓器不全で永眠されました。

 

それから、およそ3年と5か月後の2020年8月10日。

 

弟の後を追いかけるように、今度は兄の渡哲也さんが、肺炎のため死去。

 

日本を代表する兄弟名俳優の訃報に、ショックを受ける方が続出。

 

渡哲也と渡瀬恒彦
link

 

実は渡哲也さんの俳優デビューに、一役買ったのも弟・渡瀬恒彦さんでした。

 

大学時代の仲間たちと共謀して、内緒で写真と書類を、芸能プロダクション(日活)に応募!

 

それから兄の後を追いかけるように、弟も俳優の世界へ入っていったのです。

 

渡哲也と渡瀬恒彦
link

 

兄弟ゲンカをしたこともあるでしょうが、仲の良さが伝わって来ますね。

 

今頃は天国で、松竹梅を呑み交わしている姿が目に浮かぶようです。

 

お二人のご冥福を心よりお祈り申し上げます。