平手友梨奈なぜ人気?不機嫌+塩対応で孤立化でも衰えない魅力の謎!

2020年1月24日エンタメ

平手友梨奈 脱退
この記事では、平手友梨奈さんの脱退の理由についてご紹介します。

 

2020年1月23日に、欅坂46のエース・平手友梨奈さんがグループ脱退を発表。

 

欅坂46の不動のエースとして、デビュー以来ずっとセンターを務めてきたカリスマの消失。

 

突然の脱退宣言の理由が知りたい方も大勢いらっしゃることでしょう。

 

ここまで読んでくださったアナタは、今こんな疑問を抱えていませんか?

 

・平手友梨奈が脱退するって聞いたけど、卒業とどう違うの?

 

・平手友梨奈が欅坂を脱退する理由はなに?グループ内でイジメとか?

 

・平手友梨奈って毎回倒れる人だよね?不機嫌そうだしなんで人気あったの?

 

こんな疑問にお答えすべく、雑記ブロガーのウアリンが独自に調査をしてみました。

 

平手友梨奈の脱退宣言!継続の意思が消失か?

平手友梨奈 脱退
引用:sponichi

 

「さきほど発表がありましたが、欅坂46を離れることになりました。今は話したいとは思わないので、いつか自分が話したいと思った時に機会があれば話しさせていただこうと思います」引用:TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」

 

番組内で、このようなコメントを発表。

 

突然の脱退宣言に、周囲は驚きを隠せなかった様子ですね。

 

 

肝心の欅坂46を脱退した理由について、本人がまだハッキリ説明していないことにご注目ください!

 

織田奈那さんと鈴本美愉さんの卒業、佐藤詩織さんの休業も同時に発表された点も見逃せません。

 

脱退・卒業・休業。

 

3つの選択肢が同時に存在していますが、それぞれの違いについても詳しく知る必要があります。

 

うあ

うあ

休業は一時期休むって理解できるけど、脱退と卒業の違いがわかりにくいね!

 

りん

りん

卒業は完全燃焼できたって感じ?脱退は途中でリタイアって感じ?

 

学校生活に例えるとしたら、卒業が円満にグループから去っていくイメージがあるのに対し、脱退は途中で辞めてしまった退学のイメージを感じさせますね。

 

 

休業は停学または休校になるのでしょうか。

 

 

平手友梨奈さんが脱退(=自主退学)を選択したということは、欅坂46内で活動を続けていく意思が無くなったということ。

 

そうでなければ、脱退などと言う表現を使うハズもありません!

 

平手友梨奈 脱退
引用:forestar

 

脱退の理由について想像できる範囲では、下記の2点のいずれかまたは2点とも該当する可能性が高いのではないでしょうか?

 

・グループ内で何か問題が発生している(発生してきた)

 

・ソロ活動を始める意思がある(がその時期については発言できる段階ではない)

 

いずれにせよ、平手友梨奈さんの欅坂46脱退は大きな衝撃を呼ぶことになりました。

 

 

卒業は保留?脱退でお茶を濁す必要性を検証!

平手友梨奈 脱退
引用:keyakikatsudousyashinkan

 

平手友梨奈さんの脱退理由は、まだハッキリと説明されておりません。

 

これは、ハッキリ言えない理由があるためではないでしょうか?

 

円満な関係を維持し続けたいのなら、卒業と言う無難な言葉を選ぶハズ。

 

 

それが脱退というのですから、何やら不穏な空気を漂わせたいという意思が込められているのでしょうね。

 

欅坂46でデビューして以来、平手友梨奈さんは替えの利かない絶対的エース

 

まるでAKB48の前田敦子さんのような存在感として、グループを支え続けてきました。

 

 

本来は無事に卒業したかったことでしょうが、ずっとセンターを務め続けた平手友梨奈さんの負担は、計り知れなかったのかもしれません。

 

乃木坂46のようなリリース曲に合わせて、その都度エースが変わる仕組みだったなら、一人に負担を押し付けることなく、円満な卒業へと至ることが出来たかもしれませんね。

 

うあ

うあ

なんで平手友梨奈さん1人にセンター続けさせたんだろ?

 

りん

りん

乃木坂とは違う方針でやっていこうって考えたから?

 

つまり、卒業したかったけどそれが実現できないと判断した平手友梨奈さんは、脱退と言う表現を使用したわけですね。

 

将来的に、グループに復帰して卒業する可能性は十分に考えられます。

 

平手友梨奈 脱退
引用:trendydenden

 

脱退宣言は平手友梨奈さん本人と、運営サイドとの思惑が一致せず、仕方なく脱退と言う表現を使ったのではないでしょうか?

 

 

これはもしかしたら、今までのような平手友梨奈さんを絶対的エースとする欅坂46の活動方針に不都合・不具合が生じている決定的な証拠なのかもしれませんね。

 

毎日が体調不良!平手友梨奈は倒れる名人?

平手友梨奈 倒れる
引用:matomedane

 

脱退を発表した時の「今は話したいとは思わない」という発言にはどのような意味が込められているのでしょうか?

 

ステージ中に突然倒れることも数多い平手友梨奈さんは、体調不良を訴えることも非常に多い様子。

 

欅坂46のセンターとして、運動量が最も激しいエースとしての活動で、体力が限界に達していただけではなかったのかもしれません。

 

 

毎回ステージで倒れるのは演出的な意味の強いパフォーマンス。

 

このように解釈されていますが、平手友梨奈さんは従来生真面目な性格の持ち主です。

 

うあ

うあ

鬼気迫るパフォーマンスに圧倒された人も多いよね。

 

りん

りん

役柄にのめり込み過ぎて現実と区別できなくなっちゃったとか?

 

欅坂46の曲の内容に必要以上にのめり込むあまり、与えられた役柄になりきってしまったのでしょうか?

 

グループの重荷を背負う重圧感と、役柄になりきる生真面目さ。

 

 

過呼吸状態に陥ってしまい、倒れる姿を目にした方も少なくありません。

 

それが平手友梨奈さんを次第に追い詰めていった結果、限界を超えてしまった。

 

この体力不足が脱退の理由の1つであることは間違いないでしょう。

 

うあ

うあ

体力不足と言ってもまだ10代なんだよね。

 

りん

りん

中学時代にバスケやってたそうだけ、高校入ってからはスポーツしてなかったみたいね。

 

とはいえ、体力不足はステージを最後まで乗り切るスタミナをつけたり、体幹を鍛える筋力トレーニングなどで解消できる問題。

 

将来的に、体力をつけてグループ復帰する可能性もありますが、それだけだと「今まだ話す時ではない」という発言の裏付けにはなっていません。

 

平手友梨奈 脱退
引用:yahoonews

 

体力不足に加えて、グループ内で問題が発生していた可能性が考えられますね!

 

笑わないアイドルグループのイメージを定着させるためだったのか、特に平手友梨奈さんは笑顔を全くといっていい程見せません。

 

 

カリスマ的存在に昇華させるために、あえてアイドルらしくないそぶりをするよう指示を受けていたのでしょうか。

 

笑わない=不機嫌だと受け止める人も多く、人気が高い理由が分からないという声も聞こえてきます。

 

真面目でストイックな平手友梨奈さんは、与えられた役割を忠実にこなすためか、グループ内でも徹底した結果、孤立する羽目に陥ることになってしまいました!

 

脱退の理由は必然!エース続投+グループ孤立が原因?

平手友梨奈 脱退
引用:encount

 

熱狂的なファンを生むアイドルグループとして、欅坂46はその存在を確立させることに成功しました。

 

とはいえ、束ドルアイドルグループであることには変わりがなく、2番手や3番手のメンバーと言えど目立った存在にはなり得ない。

 

この平手友梨奈独裁体制ともいえるほどの、1点集中主義は他のメンバーたちとの確執を生むことになりました。

 

 

グループ内で平手友梨奈だけが優遇され続ける。

 

うあ

うあ

ずっと平手友梨奈だけがセンターやってたんだっけ?

 

りん

りん

他のメンバーも毎回入れ替わる乃木坂と比較しちゃうよね!

 

他のメンバーたちからは、さぞかし面白くなかったことでしょうね。

 

嫌がらせやイジメも横行していたとしても、全く不思議ではありません。

 

 

仲間たちとの距離は広がる一方で、心身を崩しては休養する生活の繰り返し。

 

欅坂46の教祖的なカリスマに依存し続ける体質が、限界を超えるのは当然の結果だったんです!

 

平手友梨奈 脱退
引用:oriconnews

 

必要以上に注目を集める存在となった結果、平手友梨奈さんが支払うことになった代償。

 

想像しただけで、身の毛がよだつような気がしませんか?

 

真面目な平手友梨奈さんは、与えられた役割をこなすために無理な活動を続けてきた。

 

やがて限界を超えてしまい、心身ともに疲労困憊で、卒業するまで気力体力とも維持できなくなってしまった。

 

不本意ながら、卒業ではなく脱退せざるを得ない状況に追い込まれてしまった。

 

こんな事情が透けて見えてくるかのようですね。

 

脱退の真相!平手友梨奈の真面目な性格が原因?

平手友梨奈 脱退
引用:kaiyou

 

平手友梨奈さんは、生真面目で与えられた役割を忠実に果たす能力を持っています。

 

とはいえ、一人の女の子でもありますし、男性的に振る舞いつづける生活にも疲れが見えていたのでしょう。

 

それが顕著に表れたのが紅白歌合戦です。

 

 

2018年はケガで欠場、2019年のリハーサルでは、疲れ切った様子で舞台に上っていたことが分かりました。

 

普段の力強いパフォーマンスは全く見られず、か細い声で力なく歌う姿

 

既にこのときから、グループ脱退することを意識せざるを得なかったほど、自分の力を発揮できない状況に追い込まれていたのかもしれませんね。

 

 

もっと適当に肩の力を抜いてリラックスしてやれる性格だったとしたら、ここまで追い詰められることは無かったでしょう。

 

AKB48や、乃木坂46のような明るいイメージではなく、ダークなイメージが売りの欅坂46。

 

うあ

うあ

もうちょっとソフトな路線にはできなかったのかな?

 

りん

りん

平手友梨奈の頑張りに運営側も頼り切ってた感がするね。

 

そのグループ内で、不動のエースとしての立場を務め続けてきた平手友梨奈さんは、本来の自分自身とのギャップに苦しんで来たのかもしれません。

 

うつ病状態にまで追い詰められてしまった可能性も考えられますね。

 

平手友梨奈の脱退=欅坂46の限界を露呈!

平手友梨奈 脱退
引用:touspo

 

とはいえ、平手友梨奈さんの生真面目な性格こそが、欅坂46という異色のアイドルグループの存在を確立させたことに変わりはありません!

 

グループごとの違いを的確に表現したツイートを発見しましたので、ご覧ください。

 

 

AKB48:桜の花がパッと咲いた美しさを歌う

 

乃木坂46:桜の花が散る美しさを歌う

 

欅坂46:桜の花が綺麗なのは下に死体が埋まっているから

 

思わずゾッとするような暗いイメージが付きまとっていることが、お分かりいただけたかと思います。

 

こんなネガティブなイメージの中心で活動を続けるのは、どう考えても無理がありすぎます。

 

うあ

うあ

桜の木の下に死体が埋まってるから…このツイート凄すぎない?

 

りん

りん

サブカル女子とか不思議ちゃんならよだれを流して飛びつきそうなイメージだけど。

 

もし、乃木坂46のように次々とセンターを変えていれば、平手友梨奈さんの負担もこれほどまでに大きなものには成らなかったのではないでしょうか?

 

人一倍の頑張り屋で、与えられた役割を忠実にこなし続けてきた平手友梨奈さんも、一人の人間で未成年の女の子なんです。

 

 

平手友梨奈さん一人に頼り切った構成を取り続けた、運営サイドの判断には疑問を抱かざるを得ませんね!

 

2016年4月のファーストシングル「サイレントマジョリティー」のリリースから、平手友梨奈さんを酷使し続けてきた欅坂46。


 

結果として、アイドルグループとしての活動を中止せざるを得ない状況に自ら陥ってしまうことになってしまいました。

 

グループ立ち上げから4年近い活動を続けてきた欅坂46。

 

 

平手友梨奈さんの脱退で、アイドルグループとして限界に達してしまったことを世間に知らしめる結果になったことは、間違いなさそうです!

 

まとめ

平手友梨奈 脱退
引用:excite

 

以上、平手友梨奈さんの脱退の理由についてご説明いたしました。

 

最後に、この記事の内容をまとめます。

 

・平手友梨奈が脱退するって聞いたけど、卒業とどう違うの?

 

卒業=円満にグループから抜けるイメージ

 

脱退=何らかの不都合・不具合によって退学するイメージ

 

※平手友梨奈が欅坂46で、これまで通りの活動を続けられないと判断したから脱退したと思われる。

 

・平手友梨奈が欅坂を脱退する理由はなに?グループ内でイジメとか?

 

体力不足説(不動のエースとして他のメンバーよりも過酷なパフォーマンス)

 

グループ内トラブル説(「今まだ話す時ではない」という発言の裏付け)

 

欅坂46の設計ミス説(アイドルグループとして平手友梨奈1人に頼り切る構造)

 

欅坂46はセンター不動のため、他のメンバーたちにスポットライトが当たらない

 

・平手友梨奈って毎回倒れる人だよね?不機嫌そうだしなんで人気あったの?

 

不機嫌ではなく与えられた役割を忠実にこなしていただけ

 

圧倒的なパフォーマンスを続けた結果倒れる姿が定着してしまった

 

※間違ったイメージが定着してしまった理由(生真面目さが原因)

 

平手友梨奈さんの脱退後、欅坂46はアイドルグループとしての岐路に立たされることになりましたね。

 

今まで通りの運営方式では、破綻することが明らかです。

 

脱退後の、平手友梨奈さんがソロ活動を開始するのかどうかにも、注目が集まっていますね。

 

 

どのような展開を見せるのか、引き続き注目していきたいと思います。

 

どのような展開になるにせよ、ウアリンは平手友梨奈さんの、さらなるご活躍を心から応援しています!

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。